カテゴリー: WoT

Tier5/6 重装甲車両其の参

ここからこのブログで各記事になる。


 

アメリカ:T1Hevy T14/ M6 M4A3E2 ShermanJunmbo

ソ連:KV-1 KV-1S ChurchillⅢ KV-220/KV-2 T-150 KV-85

ドイツ:VK30.01(H)/ VK36.01(H)

イギリス:ChurchillⅠ Excelsior AT2/TOGⅡ ChurchillⅦ AT8

フランス:BDR G1 B/ARL44

中国:該当車両無し

日本:該当車両無し


 

残っている車両は、M6/M4A3E2/VK36.01(H)/TOGⅡ/ChurchillⅦ/AT8/ARL44になる。

 

M6から行ってみる、T1Hevyの一回り上の防御力を発揮している。T1Hevyの装甲厚を参考にしてもらい、そこにおおよそ20mm前後の増厚がされていると思っていいだろう、それに合わせてやはり頭はそこそこ硬いのでハルダウンされたら素直に自走砲に任せるか側面を取ろう。

 

M4A3E2、コイツは曲者だ。正面装甲厚は高く、おおよそ130mm前後の均等な防御力だ、車体の下の方にある丸みを帯びている部分はさらに厚く170mm級の防御力だ。砲塔は80mm ~ 100mmと比較的柔らかいが、防盾分厚く、270mm ~ 300mmの防御力を発揮する、正面から対峙してしまった際は素直にAPCRを入れるか、味方の駆逐戦車などの高貫通力を持つ車両に任せよう。

 

VK36.01(H)だ。前身の車両と比べると大きく装甲厚が増加している、正面装甲は100mmとなり、車体下部は117mmとなる。砲塔も100mm前後の防御力を発揮し、防盾も範囲が広がり、防盾+砲塔が合わさる部位の防御力は260mm前後の防御力となる。ただしキューポラは大型化し、狙い易い部位になっている。この部分は105mm程度しか装甲厚がないので、明確な弱点と言えるだろう。

 

TOGⅡはどうだろうか。防御力自体はTier5レベルの防御力しかない、全体的に85mmの均等な装甲配置で、砲塔は90mmだ、Tier5でも十二分に貫通できる。ただし砲塔の中央部付近は110mm ~ 120mm程度の防御力を持つ、そこだけは少し注意が必要だ。そもそもTOGⅡの一番の利点はHPの高さだ1400というHPはTier7クラスの体力の高さだ、1対1で戦うと苦戦を強いられることは間違いないだろう。

 

ChurchillⅦは前身のChurchillⅠと違い、かなりの強化が施されている。正面は増厚され、130mm ~ 200mmクラスの防御力を発揮している。砲塔も硬く車体と同等レベルの硬さを保持している。ただし履帯裏の弱点は健在なので、そこをうつといい。

 

AT8はAT-2より明確な弱点が増えている、正面から見て左側に付いている副砲は70mm ~ 80mm程度しかない、車体中央部は200mmクラスの防御力だ、ここは狙わないほうがいいだろう。キューポラもあまり硬くなく、100mm程度の防御力だ。遠距離で対峙すれば狙いにくい部位は多いが、近距離であればその弱点部位の多さから、貫通は容易だ。

 

ARL44はそこそこの防御力がある。正面は160mm ~ 170mm程度の防御力で、砲塔は110mmほどで貫通可能だ。ただし投影面積が狭いのでごくまれに防盾に吸われることがある。また履帯裏にChurchillと同じくダメージが通る場所がある、ここは70mm程度しかないので、有効打を送り込むことができる。

 

 

各車両は弱点もまだ多く、ティアに対しての防御力程度しかない、よってTier5の車両でも十分戦うことが可能で、工夫次第では圧倒することだって可能だろう、ただし攻撃力はどの車両もそこそこのものがあるので、撃たれない動きが必要になる。気をつけて戦って欲しい。

長く続いた考察パートもこれでおしまいだ、それではごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中