カテゴリー: 車両研究

TigerⅡ

Tiger1が終わり、E75を目指すためにTiger2を購入した。なんというか噂によれば微妙性能っていう話だったから乗ることが不安だった。

まぁ実際蓋を開ければそうでもなかったのだが、車体装甲はHT標準レベル、もしくは平均以上ありそこそこ頼りになる。昼飯の角度を取れるという意味ではIS-3より若干優れているかもしれない。性能の方を見ていこう。

車体正面は150mm+傾斜で実厚は195mm前後、車体下部は150mmと微妙な感じに見えるが標準的だ。車体側面は80mmと薄目ではあるが豚めし角には必要十分だ。砲塔正面は185mmと普通で、角度をつければ260mmをも超える、防御能力的には工夫次第でいくらでも盛っていける感じだ。

 

砲の性能はHTとしては高性能で、貫通力がAP225/APCR285と高貫通を持つ。この貫通力であればTier10ともある程度は渡り合えるので安心である。精度・収束も悪くなく、中・遠距離でも砲撃に不満を持つことは少ないだろう。

 

機動力はTigerから若干落ちており、平地で30km/h程度、最前線へ向かうには十分だが陣地転換には少し苦労するかもしれないな。ただ、HTとしては最低限施されているので動く分には苦労しなかった。

 

まぁ乗って思ったのは、E75へと向かうこのTiger2はバランスがよ仕上がっている。Tier7のISには劣るバランスではあるがこの車両もTier8の中ではバランスは取れているだろう。車体も砲も使いやすく、乗り心地は抜群だ。

何よりかっこいい。それに尽きる。

 

運用的とか性能的には十分あるがやはりどうしてもTier10と正面切っての戦いは厳しいものがある。Tier9相手でもキツイが…

 

そこで思い出したのがある上手い人からのアドバイスだ。E50についてのアドバイスだが「基本は忘れちゃいけない」っていうやつだ、E50は中戦車の中でも車体防御力に秀でているが、やはり中戦車なのでTier10HTとかと真っ向からやりあうと不利になる。

Tiger2ではHTでありながらボトムになった場合、味方のHTのサポートに徹すると良いのであろう、高ティアHTが弾き、そこにボトムHTやMTが差し込んでいく。弾く→出る→撃つではなく弾いてもう→出る→撃つ。このサイクルを上手く作れば高ティア戦でもある程度戦っていけるだろう。

 

Tiger2に限る話ではないので、他の車両でも役に立つ知識だしやはり基本は重要で、いつになっても忘れてはいけない技術だ。

 

まぁここら辺にしておいて、戦績の方は上々だ、プラトーンの影響もあるのだが45試合完了の時点で勝率78%、平均経験値1096、平均ダメージ1900と我がガレージのTier8の中でもダントツの戦績である。画像は後で貼っておこう。優等マークは1を取得できた、100戦終わる頃には2は目前なのかもしれない。

とまぁTiger2に関しては上々だ、しっとり扱えている感じはある。

 

あとなんか私の実力というかWN8がパダーによるものとか思っている人がいるかもしれないって聞いた、なんというかすごく残念だ…パダー戦車に乗った覚えはないし意図して乗っているわけでもない。頼むからそういう迷惑な情報はやめてくれ。

 

ガチ勢ってわけではないが野良ではそこそこ強いほうだ、Unicumには勝てないがそこそこの戦績を維持できる。風評被害にも程があるな。まぁどう思おうが勝手だがね。

さてちょっと後味悪くなってしまったがこの辺で終わりにしよう。それではまたごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中