カテゴリー: WoT

レッスン内容1

最近BFのフレンドさんがちょくちょくWoTに遊びに来てくれるもんだから、ちょろ~っとお手伝いしてみたりしてる。ただお手伝いするのはいいんだがその時に同時に基礎を教えておかないと今後困るはずなんだ、それで何を教えたらいいもんかちょっと考えたくなったのだ。

そのためこの系列の記事はそのBFから来たWoT勢のための記事になる。なにか違うのってところは例えがBFになる程度だ。

 

まず初めに知っておかなくてはならないのが「視界システム」についてだ。BFやその他のゲームではWoTとは違い、常にMAPに敵や味方が表示されている。WoTでは常に表示されるわけではない。この視界システムが最初の難関になる。

なんで大事なのさ、って思うかもしれないが、実際に戦ってみれば分かるだろう。

例えば丘から乗り出して数秒待機したとしよう。敵は発見できない、何も映らない。次の瞬間凄まじい砲撃があなたを襲った。なんていうのもあったのではないだろうか?これはあなたが敵に発見され、あなたからは敵を発見できていないことを表している。見えない敵っていうのが一番厄介なのだ。

 

BFで例えるとソフラムのレーザー目標指定されている状態だな。どんな場所にいようがレーザー目標指定(発見)されている状態だと敵からの砲弾は必ずあなたに降り注ぐ。そこで大事になるのが「警告音」なわけだ、BFでも警告音が鳴ればとりあえず物陰に隠れるっていう対応は出来るだろう。WoTでは警告音の代わりに「第六感」というシステムがあるのだ。

「第六感」とは、戦車長の類まれな才能により、相手車両から発見された3秒後に「警告」を表示する「セカンダリスキル」だ。セカンダリスキルってなに?っていう人にも説明しよう。セカンダリスキルというのはBFでいうフィールドアップグレードに似ているものだ。ある一定の条件やら何やらを満たすことで習得することができるのだ。詳しくはまた別な記事で書くとして第六感についてだけ書いておく。

shot_353shot_354

 

まずガレージ画面の左上で車長の育成状態をチェックしよう。車長を見分けるには搭乗員の顔の左側にあるマークが双眼鏡の搭乗員が車長だ。車長を発見したら車長にカーソルを合わせてみよう。すると画像の1枚目のような表示がされるはずだ。

セカンダリスキルを習得するには基本能力の%が「100%」である必要がある。100%になるとセカンダリスキルが習得できるようになり、写真のように「+」のようなマークが表示される。「+」をクリックすると2枚目の画像のウィンドウが表示される。その中から「第六感」をクリックして、選択を押すことでスキルを習得開始する。

なお、スキルには「パーク」と「スキル」という部類があるが、第六感は「スキル」に分類される。簡単に言うと習得率が100%にならないと効果を得られないのだ。スキルを選び終えると、そのスキルの進行度が%で表示されるようになる。下の写真だと4つ目のセカンダリスキルの習得度が「73%」ってことになるな。

shot_355

 

習得が完了した場合はスキルのアイコンがはっきりと表示されるようになり、その効果を得られるようになる。戦場で実際に発動すると画面中央上側にSixthSenseこのマークが表示されるようになる。

これが表示されたらさっさと隠れると言うわけだな。とまぁこのスキルがあるだけでだいぶ動きやすくなったり、視界に捉えられているっていう実感が湧いてくるだろう。Tier4までの戦車では第六感を習得するには結構な戦闘数を要するが、取れれば今後にも非常に役立つ。是非取れるように頑張っていこう。

 

 

 

カテゴリー: 未分類

World of Tanks Generals クローズドβ開始?

したらしい。あ、知らん人もいるかな?

World of Takns GeneralsとはいわばWorld of Tanks のカードゲームで、砲兵や戦車を用いてPVPやPVEを楽しむゲームらしい。ちなみに無料だ。World of Tanks の公式サイトから行くこともできるし下のURLから直接行くこともできるぞ。

http://wotgenerals.asia/intro/

 

一応WGのIDをそのまま使えるみたいで、WoTをしていた人であれば参加申請をするだけで大丈夫だ。

なんでもクローズドβ自体はもう始まっているらしいのだが、肝心のメールが届かない。なんでもこのメールにクローズドβの参加権とURLが貼られているらしい。

 

インターネットに接続できるいかなる機器でもプレイ可能ということで非常に楽しみなのである。いやまぁ多少の対象外はあるだろうがスマホなら出来るはずだ。

出先でちょろっと出来るゲームには少し期待している。最近のゲームはやれ課金やらやれ強キャラでつまらんからな。

 

カテゴリー: マップ研究

湿地 再度研究1

また湿地かよ、なんて思わないで欲しい。本当にこのマップは難しいんだ。特に1/2ライン側陣地で始まった場合、初動の時点で非常に悩むことが多いなんていう人も多いだろう。私もそうだ。

どうやらこのマップはかなりの曲者で、どこかしらのサイトに研究結果が載ってんだろとか思っていたがGoogle検索で「WoT 湿地」で検索するとこのブログが上の方に表示されるくらい研究されてない。徹底的に研究してやるから覚悟しろよちくしょうめ。

 

 

まず初動、基本的にマップ左側陣地である「1/2ライン側」の初動だが上に中途半端な台数(1~5台)程度割くくらいならもう全部下に振ったほうがいいと思われる。なんでかっていうと結局のところ両陣営防御に適している地形で、車両枚数が先に減ったほうが負けるのだ。これはどうしようもない事実である。

そんなん湿地以外でもそうやんなんていうが湿地はその傾向が他のマップより強い。まぁ研究していこう。

minimap

imppoint

1枚目は各地点からの大まかな射線。

2枚目は攻める、守る上で重要もしくは有利なポジションだ。

 

1枚目を見てもらえば分かるが射線が通るところはとことん射線が通っている。そのため変な動き方をすれば一瞬で溶かされてしまう。実際はもっと射線が通っているがあれ以上線を追加すると最早見れたものではないので割愛。

 

基本的に右下のエリアは大きく射線が通っているため近付くと痛い目を見ることになる。右側陣地の場合あそこから攻めていきたくなるが足の遅い重戦車だと橋を渡っている最中に発見され、蜂の巣にされてしまう事もある。

 

ランダム戦で左側陣営を引いた場合、味方の初動次第ではどちらかに戦力を偏らせた方が勝つ確率が高いことが分かった。前記した通りこのマップでは台数が命になる。下手に台数を減らすくらいならばさっさと守りを固める也なんなりした方が有用ということだ。

 

 

それでは各地点のなぜ重要なのかを説明してみる。

まず右側陣地から。

【A4 重戦車地帯】

重戦車であれば基本的にここの守りでOK、駆逐戦車などからの射線が通らず、自走砲に対して警戒するだけで良い。ここを突破されると上のエリアがほとんど使えなくなるので大事。

【ベース前 A/B8】

この地点は守りの要とも言える場所で3方向に対して大きな抑止力になる。

ここから伸ばせる射線は D4 F7/8の稜線 マップ右下全て だと思われる。特にマップ右下に対しての抑止力は凄まじく、この地点に誰も入っていないのは絶対に避けなければならない。

【D8 茂み】

ここには茂みが多く設置されており、偵察に適した地点になっている。またG5の稜線に対して射線を通すことが出来る。そのため中戦車や軽戦車を1両ここに置き、A/B8に駆逐戦車を2両配置すればマップ右下のルートを守ることが出来る。

【D5 稜線】

開幕の通行料ポジション、軽戦車が稜線から目を延ばせば足の遅い駆逐戦車や重戦車であれば視界に捉えることが出来る。また対岸の稜線やG1の駆逐ポジションに対して射線を通すことが出来るのも重要。

【D4 稜線】

右側陣地で攻めに転じる場合とても大事になってくるポジション。G1 J3に対して射線若しくは視界を通すことが出来る。

【D1】

攻めにおいてもっとも大事になる地点。G1とJ3からの射線をある程度遮ることが出来る稜線があり、低車高の車両であれば撃たれないで進むことが出来る。

【E6 岩の裏】

相手の駆逐ポジションからの射線が通らないポジション。ただしG6の稜線からは射線が通りまくる。小さな茂みがあるのでどちらかというとLT向きではあるが駆逐戦車の援護を期待できる場合は中戦車でも入りやすい。

基本的に攻める場合に使い、守る場合には後ろのD8から視界が取れるのでそちらを使おう。

【G5】

味方からの支援が前提であるが、相手のG6稜線を大きく抑止することが出来る地点。但しG1から射線が通りやすく、出来るだけ壁に貼り付かないといけない。

 

右側陣地は守ってから攻めるということが出来る。基本的に上のエリアを死守しつつ、右側は数両置いておけば大丈夫と非常にやることが分かりやすい。

攻めに転じる場合は上のD1に入ると楽に進められる。

 

次は左側陣営。

【A3 重戦車地帯/D4 稜線】

左側陣営で初動から攻める場合はこの2か所を取ることが一番重要。この2か所どちらか片方を取れなかった場合(どちらかというとA4の方が大事)は攻めることが難しくなる。

ただし最初にも書いた通り4 ~ 5両程度で取れるような箇所ではないので、上に攻めるのであれば味方とあらかじめ相談しなくてはならない。

【G1 駆逐ポジション】

D4に対して射線を通すことが出来る良いポジション。但し距離が近いので高隠蔽車両でない場合はここではなくJ3に入ろう。

この場所に支援車両が1両もいない場合、D4の確保・保持は難しくなる。

【J3 陣地防衛】

D4と右下全てに対して大きく射線を通すことが出来る地点。守るのであればここに駆逐戦車を置いておけばとりあえずOK。

【G6 稜線】

守る上でも攻める上でも使える地点、D4 D5 D8 橋を渡ってくる重戦車などに対して射線を通すことが出来る。その分相手からも射線が通りやすいことは覚えておこう。大きく身を乗り出した場合は間違いなく被弾する。

【D6 岩の裏】

攻める場合にLTかMTがここに入ると非常に楽になる地点。味方からの支援を多く受けることができ、相手からの射線を遮ることが出来る。またこの地点に入った場合はD5の稜線に対して大きな抑止力を持つことが出来る。

 

 

とまあこんな感じ、左側陣地で始まったら味方がどちらに寄るのかによって戦術を変えなくてはならない。上に行く台数が少ないようであればさっさとG1に逃げ込んだ方がいいし、上に半数割くことが出来るのであれば上の戦闘が大事になってくる。

 

つまり味方との連携が大事になってくるマップ。それが湿地、野良でやるには少しばかりつらいマップだなぁ…特に左側陣地では味方との連携が非常に重要になるので、もうこのマップを引いてしまったら祈るしかない。

カテゴリー: 車両研究

MT-25特集

Tier6LTは現状T37とAMX12tが2強といったところである。これは多分覆せないとは思う。

MT-25

まぁ数多くあるTier6LTの中でも特に異色を放っているのがこのMT-25だ。野良でも遭遇率が低く、他国の軽戦車から見ても少し見劣りがちだがこいつはこいつで強力である。(そして可愛い)

最高速度は72km/hで、実用重量比は27と速度に関しては非常に軽快。履帯性能も隠しパラメータ込で不満が出ることは殆どない。

主砲火力の方は微妙と言われがちだが、偵察行動のお供としてはまぁ悪くはない性能だ。金弾貫通力の高いT-34のZis砲を搭載できる。精度・集束・RoFで非常に優れている。

視界は370とあまり広い部類ではない。カニメガネ・レンズ被膜の搭載は必須で、換気扇も付けた方がいいかもしれない。但し、他のLTと違い圧倒的に速い足があるので誰よりも早く偵察ポジションを確保するという荒業もできる。

隠蔽率は残念ながら良好とはいえない。置き偵の時に支障が出るレベルではないので安心してほしい。また、茂みに入っていれば基本的にばれることはない。

 

運用方法だが何個かある、基本的なLTの仕事である「走り偵」とか、足回りの優秀さを活かしてひたすら走り視界を取る。この時注意しないといけないのは撤退するときに車体の後方部分を撃たれないこと。ここには広くエンジン判定があり、それを覆うようにして燃料層が設置されている。すなわちケツを撃たれると炎上するのだ。気を付けよう。

 

置き偵の時は注意することはあまりない、基本的に茂みに入っていれば70mくらいまで接近されない限りは当車両の隠蔽率でもばれることはあまりない。ばれたらばれたで足を使ってさっさと逃げ去ってしまおう。

 

後半の自走砲に対する詰める時期とか、そこら辺は相手の戦力値と配置に相談だ。真っ向から通常の戦車と殴り合うだけの性能はないので、こういった自走砲とかを狙ってダメージを取りに行くのも一つの手法だ。

 

ただし攻撃の運用時に注意しなくてはならないのはこのZis砲をもってしても単独での戦闘は必ず避けること。特に同格LTを相手にするときは絶対に一人で戦ってはいけない。T37には体力と単発火力で劣っていて、あいつを仕留めるためには自車両は無傷の状態で先手を取る必要がある。これはT37に限った話ではない、AMX12t・59-16・VK、これらの車両と真っ向切ってやり合うのは非常に厳しい。

 

同格LTと比べた場合、秀でているのが速度だけであるっていうのは覚えておかなくてはならない。そのため攻撃には極力参加せず、目取りとしての役割を果たすことに専念する車両になる。

ただ、偵察行動を行う最低限の目と隠蔽率は備わっている、そこに機動力が追加され、偵察役としては申し分のない性能には仕上がっている。他のLTと違い玄人向けと言われるのはここだろう、攻撃能力が乏しい本車両にとって出来ることは限定的で、どちらかというと状況を判断して攻撃しない方がいい場合の方が多い。

 

 

ちなみに拠点戦とか、当たるTierが6までだとこの車両は化け物じみた強さになる。

同格の砲弾は比較的遅いものが多く、一定の距離を走っていれば相手の偏差射撃の技術にもよるが回避が出来る。

また、同格の中で最も足が速く、偵察行動が得意なので様々な場所へと足を延ばしては引っ込み、また足を延ばすなんて言う芸当もこの車両ならではだ。

 

一応私はこの車両に限った話では「クレジット放出車両」として捉えている。Tier6なのにね。基本的に金弾を使用、搭載拡張パーツは「カニメガネ・換気扇・レンズ被膜」消耗品には「修理キット(大)・自動消火器・食糧」を積んでいる。大体1試合あたり-10,000くらいだろうか?

そこまでやる必要はあるのかと言われればまぁ…ないと言えばない、ただこれは私のこだわりであり、他人に押し付けるものでもないし、押し付けようとも思わない。参考程度に考えてもらえばいい。

 

 

 

 

 

カテゴリー: WoT

Chi-To

とりあえずWZ-112のために今日は日本戦車をずっと回していた。一応5万ダメまで到達して、車両撃破数の方は必要数集まった。あとは残りの3万ダメージを稼ぐ必要があるな。

まぁ思ったのがやっぱりTier6だけじゃダメージ系のイベントでは厳しもんだな。今週末で日本は終わらせられるが、残りのアメリカとイギリスはどうしたもんかなァ…

 

そういえば日本戦車で初めて優等マーク3を取れた。

shot_329

 

優等マークを取れた試合だが観測ダメージが1500でダメージ自体は300くらいだったのを見ると観測ダメージもやはり優等マークの基準に入るんじゃないかなこれ?LTは入るってのは知っているがMTにも入っているのだろうか。

まぁ詳しくは知らない、取れればいいんだよこういうのは。

 

 

STA-1とか、パットンとか作ってみたいがSTA-1の前に立ちはだかるChi-Ri。未だ未開発のT20とE8。う~む、こんなんではイベントが終わっちまうぞ。

まぁ・・・今回はできるだけ頑張ってだ、もし足りなかったらお財布と相談でトークンでも買ってみようかなぁ・・・

まぁ、イベントに関しては無理のない程度に挑むのが一番だ。それではまたごきげんよう。

カテゴリー: WoT

初心

WoTでは基本的な技術の上に知識が乗っかり、成り立っている。まぁ私がここに書いていることは大抵の場合ランダム戦で大事になることだが…

 

まずは基本的なこと、ダメージを取ること、ダメージを取ることで敵を撃破し、戦力として優位に立てる。

ダメージを取るためには敵を発見しないといけないが、それは低ティアまでは気にする必要はない。敵が発見されたら「出る・撃つ・隠れる」を繰り返さないといけない。

常に「出る・撃つ・撃つ・撃つ」では自分が撃たれるリスクが伴う。そのリスクを出来るだけ軽減するのが上に書いた「出る・撃つ・隠れる」になる。

まず出ること、この時気を付けないといけないのが自分の車両の「仰角・俯角」による地形対応力になる。例えば丘の上からでは俯角が必要になるし、場合によっては仰角も必要になる。

次は自分が敵に発見されているかどうか、これは社長のスキル「第六感」が取得できないとはっきりとわかることは出来ない。そのため第六感のないうちは常に発見されているものと思った方がいい。

 

仰・俯角が十分足りていて、相手を射撃できる位置にいた場合は射撃をすることになる。撃つ時は相手の弱点を狙うことにより貫通の可能性を上げることが出来る。

例えば「車体下部」「キューポラ」「覗視孔 / 覘視孔(てんしこう)」が大きめな弱点になる。

↓キューポラ

kyu-pora

↓覗視孔 / 覘視孔

ヌチサ・ヲ

↓車体下部(赤色の部分)

shot_0831 tigerp

こういったところが戦車の弱点になる。覗視孔 / 覘視孔は一部の戦車では弱点になっていない時があり、少し注意が必要だ。ただどの戦車でもキューポラと車体下部の弱点は共通になる。覚えておこう。

ただ自分の砲の貫通力が相手の装甲厚を大きく上回っていたり、弾かれる心配のない車両。代表的なものは日本戦車やドイツ第二駆逐戦車ルートが有名だ。

 

これらの弱点を狙い、相手に砲撃をした。そのあとはすぐに後退し、身を隠す。簡単だな。

 

あとは基本的にマップ次第で優位なポジションがあったり、隠れやすい場所があったりとマップの研究も大事になってくる。

こういうことを意識するようになる頃には大体の人はTier5/6になっているので私に声をかけてもらえばいくらかのポジションは教えることが出来る。

 

次に大事になるのは視界・隠蔽率についてになるな。ここは計算やら何やらが多いので詳しいことは割愛していく。

 

基本的に自車両の視界内に敵がいれば発見できると言う訳ではない。例えば視界が370mあったとすると、相手の車両の隠蔽率が相当悪くない限りは発見できる距離は大体320mくらいだ。

視界がなんで重要なのかという問題だがこのゲームのシステム上敵車両を視界で発見できない限りこちらの砲撃を当てることは難しい、射撃する目標を明確にし、砲撃を当てやすくするためには必ず敵を発見しなくてはならない。

また、相手の動き方や向かう先を予測するためにも必要な情報としてくみ取ることが出来る。これも中ティア以降から考えればいいが…

 

視界を取る時も出来るだけ自分の被弾リスクを軽減しなきゃならん、その時重要になるのが隠蔽率だ。

WoTには車両ごとに固有隠蔽率という者が設定されていて、それがその車両のばれやすさに直結している。基本的に車両の大きさがデカければでかいほど隠蔽率は低い。

また、隠蔽率は拡張パーツや搭乗員スキルでも上げることが出来る。それに加えてマップ上には「茂みや木」が配置されており、この中に隠れることで隠蔽率を向上させることもできる。

射撃をするときもそうだが、基本的に後方で待機したり、味方からの視界提供を待つ場合は茂みに隠れているのが安定だ。茂みの使い方に関してはいろいろあるのでここでは割愛していく。

 

 

とまぁ最低限覚えておかないといけないのはこれくらいかな?装甲の活かし方とかは過去の記事に書いてあるはずだからそれを見てほしい。あとは一部高ティア戦車の弱点についても過去の記事に書いてあるはずだ。

 

カテゴリー: WoT

拠点戦を終えて

今回は拠点戦に参加してみたが…まぁ…率直な感想を書くとすごく遠回りな指揮と戦術だった。

 

場合によってはいい戦術も多かったが、負けた試合に関して言えばどれも遠回りで良い指揮とは言えないものだと思った。司令塔と兵士、この間には絶対的な服従関係が基本求められる。BFの交流戦でもそうだが、基本的に指示を出す人間は冷静で絶対命令を出さなきゃいけない。

ただ、場合によっては兵士自身も判断しないといけない。この時重要になるのが事前の取り決めだと思う。あとは慣れかな。ただ試合の流れ的には指揮系統がついたランダム戦程度に思えたね。

 

BFの指揮もそうだけどできるだけ簡略化されている方が伝わりやすいし、なにより伝えやすい。○○さん○○を見に行ってくださいでは正直長いと思う。○○は○○へ。程度でいいんだと思う。あとは重戦車とか中戦車の区分がよく出来ていない。主力であるMTに弾除けであるHT。遊撃・偵察のLTと編成にもよるが大体大まかな区分は出来るはずだ。

 

まぁ…募る思いはあるが今度またゆっくり考えてみることにする。