Tier6拠点 車両リスト更新

最近の拠点の流れからしてCromwell 5枚T37 2枚の構成は明らかに中身の腕次第っていうのがわかってきた、作戦にもよるがやはりフォーカスに間違いがあると負けかねない。だが間違いをしないのであれば安定の構成ではある。

最近は特にグローバルマップ2.0で必要になるインフルエンスの獲得のためにも拠点に出向くクランは多い。どこもCromwell5両と37を2枚集め切れるってわけでもないから重戦車や駆逐戦車を混ぜた構成なんかもよく見るようになった。

新たに拠点戦に参戦するクラン向きに集めやすい車両なんかで構成を考えてみるぞ。

1.撃ち合いには強い重量構成

HT:T-150/ARL 44/KV-85/日虎 2 ~ 3両

MT:T-34-85/T-34-85M/VK3001M/VK3001P/

LT:VK2801/T37

MTとLTで残り4 ~ 5両を埋める。

全体的に重めの構成で、ヒメルズドルフや湖の村なんかで強いタイプの構成だ、機動力がない分撃ち合い特化に見えるが、進軍ルートを間違えたりするとCAP負けなんかが怖かったりもする。

2.指揮なんて関係ないガン芋決めてやる構成

HT:なんでも

MT:なんでも

LT:いらないかもしれない

オススメはしないが多分誰でも出来るやつ、とても面倒でとてもうざい、効率もへったくれもなく何のために拠点戦に来ているのかわからないレベル。とてもおすすめしない。

3.Tier8構成に似た編成でやってみる。

HT:日虎/KV-85/ARL44

MT:Cromwell

LT:T37/ AMX12t / 59-16

枚数はお好みで、ただバランス構成が故に適切な判断を求められる場面は多いと思う、重戦車と高機動車両の編成では、高機動車両の枚数次第で戦術を変えないといけないっていう場面は多い。耐久負けをしているのであれば必ず高機動車両で敵を振り回してうまく削るんだ。

4.安定の鉄板構成

HT:いらない

MT:Cromwell / Cromwell B

LT:T37/59-16

高機動編成でとても使いやすい、いろんな場所に動かそうがどこに走らせようが全両が機動力を持ち合わせているので全体が一丸となって移動することができる。ただこの構成は重戦車が入っていないこともあり、耐久負けしやすい場面も多くなる。またCromwell系の車両は行進間射撃がとても苦手という弱点も併せ持つ。

そのため至近距離での撃ち合いには強いが中~遠距離の撃ち合いでは微妙に弱かったり、相手に重戦車が多かったりするとフォーカスの差で負ける場面も出てくる。

どの構成も強いではあるが、弱いところもある。一長一短でこそゲームは成り立つことを考えれば別に良いのだろう。

この構成を考える前にそも指揮をやれないって人はMTにT-34-85、LTにMT-25かT37をチョイスするといいかもしれないぞ、MT-25は高機動で偵察・情報収集をさせるのに非常に適している、T-34-85は理想のMTと言ってもいいくらいのバランスでまとまってるので、ある程度の耐久さや撃ち合いに混ぜても強かったりする。

Tier6拠点では車両の性能差がモロに出ていたり、実力のあるクランがないクランを蹂躙していたりと厳しい場面は多いかもしれないが、慣れればきっと楽しい試合ができるようになる。是非ともチャレンジしてくれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中