カテゴリー: WoT

最近乗った車輌たち

100戦するとか、そういうのではなく単純に目指すべき車輌の通り道になった車輌っていうのは記事にしていなかった。今回はそこにフォーカスを当ててみよう。

shot_845

たとえばちょっと前のイベントでもらえた「FV201(A45)」とかいう車輌、プレミアム車輌に設定されている。クレジットボーナスが付いてるかは不明だが、マッチング優遇はない。Wikiとかにも書いてある通りイギリスTier8中戦車のセンチュリオンをTier7重戦車にしたような車輌で、同格のBlackPrinceと比べると装甲を落としてDPM/機動力を向上させたような車輌。

耐久は1500と潤沢だが単発火力と装甲厚の兼ね合いが微妙で、劣化Tiger1といわれればそれまでかもしれない。しいて言うなら砲塔が若干堅かったかな?どうだったかな?まぁ真面目に比較するとDPMは若干劣るがそれでも高め、最高速は劣るが地形対応力は砲塔の堅さも相まって増加している。砲塔や履帯の旋回速度が増加している点を考えてもTigerよりイファイター向けの車輌?か?いや分からん。なんにせよ中途半端だが、使い勝手をいうなれば「しっとり」だ。

shot_847

Tier8MTのT69やPershingも最近買った車輌だ、T69は悪くはない、といった感じだが90mm砲4発、弾倉ダメージが900くらいだったかな?やっぱり使ってみるとインパクトが少ない、再装填に掛かる時間が短いのは結構なのだが同格のオートローダーが1000を超える弾倉ダメージを持つ車輌ばっかりでなかなか日の目を浴びることが少ないって感じかな、機動力や装甲厚、全体的な使い勝手自体は結構いいんでオートローダーとしての練習車輌としては少し初心者にやさしめかもしれないね。

shot_848

Pershingは有名だな、特に課金弾の交換通力は目を見張るものがある。DPM自体はさほど高くないというか低めなのだが、アメリカ特有の地形他応力や視界の広さ、移動中の砲拡散などのマスクデータで恵まれた性能を見せる。エンジン馬力は上昇してはいないが機動力自体高水準で確保されているので基本はしっかり抑えられている。最初に書いたとおり課金弾の性能がぴかいちなので格上に対する効力は同格中戦車の中で最も高い。謎の生存製の高さも売りだな。

shot_849

AMX 13 75は1390を作るための通り道にするつもりだったんだけどなかなか面倒で全然乗ってない。主砲は12tから据え置きだったかな、再装填に掛かる時間とかが若干向上してたりするが同格のTier7LTと比べると見劣りしがちだ、隠蔽は高いし機動力の向上はありがたい、ただ軽戦車としてみれば水準は満たしていたりする。はず。

shot_780

T71はなんだろ、オートローダーとしてはまぁまぁで、軽戦車としてもまぁまぁ、アメリカ版の1375って考えると似てるかもしれない。ただ使い勝手はこっちのほうが良かったかなってのはなんかある。

Tier7LTの2両はオートローダーであるけど、若干火力に難がある車輌?な気はする。いやTier7で見れば高いんだが1375は12tから据え置きで、T71に関しては弾倉ダメージが若干高いがそれでも致命打になりにくいのは確かだ。ダメージリソースとしてみれば低いが、軽戦車の面がまだ強いこの2両には偵察と攻撃のバランスを見極めるのが大事なのかもしれないね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中