カテゴリー: WoT

拠点戦における「O-I」の現状

Ver9.10で実装された日本重戦車シリーズ、Tier6の王様ことO-I。基本的な重戦車の要点を満たしておきながら、火力と装甲厚、機動力もある程度確保しているなかなか手ごわい奴。実装から1ヶ月以上たったのでもう使い始めている人も多いし、拠点戦でも猛威を振るっているのはコレを呼んでいて拠点戦を行っているる諸兄も知っているだろう、実際相手に回すと厄介極まりないし、味方にしても運用次第では十分化ける車輌だ。

基本的には守りに重きを置いた性能になっている、砲性能とかもろもろ込みでって話でね、車重のわりには高めの機動力に加え、その車体装甲と図体の大きさ、2種類の砲もどちらも重い部類になっていると思う。拠点戦でももちろんだが、O-Iを2枚以上構成に加えたクランは、基本的に陣地周辺での防衛に専念した配置になっていたり、明らかに攻める気の無い配置とか、とにかく試合展開を遅らせることでもまた有名だ。

確かに冷静に考えれば足の遅さや砲精度等を考えれば、至近距離での殴りあいを除き攻撃的な運用をするのはなかなかに難しい、相手が同等に重い編成や正面戦闘が好きなチームでもない限りは、安定感を出すのは難しいかもしれない。

ここまではいろいろ考えた結果、ここからは素直な個人的感想。

率直に言うと2輌以上構成に入っていた場合は、現状では芋とかCampとか言われる配置をしてくるとしか考えていない、もちろん最初に書いたような理由もあるし、O-Iみたいな使いづらい重戦車を多数連れて来ているということはまともに戦闘する意識がないって捉えられても当然だろう。

現状O-Iを含めた構成は2輌以上の場合は害悪もしくは嫌がらせ程度に思っている。なにかこう活力を感じれないというか、私達陣地で防衛固めてるんであなた達勝手に来てくださいね。って開始と同時に言われるくらいなんかイラッてくる。

O-Iの実装からはや1ヶ月以上が経過し、Tier6拠点戦にはO-Iが蔓延っている。軽い構成の流行りから重い構成にと流行りが変わってきているのはもちろんあるが、流石にO-IはTOGと同じ臭がする。いるだけで何してくるかだいたい想定できるし、どういった位置にいるかも大抵は想像できる。せめて入れて1輌ないし2輌くらいだ。

なによりTier6というテンポ重視の拠点戦であるはずの拠点戦で、大きくテンポを落とすO-Iという車両は非常に邪魔くさい。もちろん使うなとは言わないが使うにしても限度がある。

まぁ…強いのはわかるんだがねぇ…さて、久しぶりの愚痴記事だったが、現実としてO-IがTier6でそれなりに暴れまわっているのは明白だ。とにかく数が多い、単体でも厄介なのに3輌も4輌も混ぜられたらこれほどまでに手間のかかる一戦はない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中