カテゴリー: WoT

BlackPrince 終了

Tier7イギリス重戦車のBPが終了した、Caernavonを開発出来たから100戦乗る必要性も感じなかったからね、47戦で完了とした。

いや~良い戦車だった。過去のどこかの記事で書いたかもしれないがTier7重戦車の中でも光る戦闘力を持つ車輌だった。

WS000018WS000019

最終的な戦績はこんな感じになった、ダメージは奮わなかったが非常に安定した防御力を発揮してくれたのは凄く良かった、機動力が低いのは諦めるしかないので、初動で向かう位置をしっかりと決めないとひどいことになる。

image

気に入った理由としてはこの防御力とコンパクトさだ。車体はおおよそ110 ~ 170mmほどで、薄いところは確かにあるが投影面積が狭いのでそれほど意識する必要が無い。砲塔は車体より重装甲で、防盾+砲塔正面のように重なった部分は500mmを超える箇所もある。

防盾裏に装甲がない部分も確かに存在するが、そも防盾が分厚い(223 ~ 279mm)ので、それこそTier8 ~ 9クラスの駆逐戦車もしくは重戦車出ないかぎりは貫通は難しい。T29と比べると若干砲塔の防御力で劣るが、投影面積が非常に狭く、硬いところが広いため体感の防御力はほとんど変わらない。

主砲は単発重視ではなくRoF重視で、精度や貫通力のバランスが非常に良い、単発が低いことがこの戦車にとってマイナスな要因になるのかと言われればどちらかと言うとプラスに偏っている。足が遅く重装甲な戦車は大抵が単発重視であり、一発発砲した瞬間に側背面に回り込まれるなんていうのはよくある光景だが、この車輌は珍しくRoF重視で一発撃ったからといってすぐ回り込めるような車輌でもない。とにかくRoFが高いということは隙が生まれづらい。

 

機動力が低い割に隙がない?なんて言うんだろうか、まぁ単体での戦闘力で考えたらこいつは間違いなくTier7屈指の厄介者でありることは間違いないのだよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中