カテゴリー: BF4

BF4 「冬」パッチ到来

やっときたな。去年からくるぞくるぞぉぉぉぉ!とか言ってた割に全然来なかった。まぁ季節は2か月遅れでやってくるともいうし、3月はぎりぎり…冬…なのか?

 

今回の大きな改善点としてGUIの変更とヘリの挙動に関する改善がみられる。とりあえずいつも通りコピペするぞ。

  • スクワッドオブリタレーションモードの追加
  • 新規プレイヤー専用のサーバーをサポート(ランク10以下)
  • ランクドサーバーのマッチメイキングをサポート(通常のオフィシャルに加えて)
  • 複数のアンチチートの改善を実装
  • コンバットシステムでスクワッド隊員が戦闘中の場合は一時的にスクワッドスポーンが無効に
  • コンバットシステムで被ダメージをベースに医療バッグの回復が一時的に無効化され、被サプレッションが増加するように
  • コンバットシステムで被ダメージをベースに応急処置パックの回復が一時的に無効化されるように
  • ビークルでのエイムと反転を切り離すオプションを追加
  • 存在しなかった武器のマステリードッグタグを複数追加
  • “ラージスケールバトル”、”ザ・バトルフィールド”、”クロースクォーター”のプレミアムプレイリストを追加
  • 切断後すぐにセッションに接続することで、時折統計が更新されないエラーを引き起こしていた問題を修正
  • M224 Mortar/MAV/EOD Botを使用したCTFとオブリタレーションでのエクスプロイトを修正
  • PC: 複数項目のAMD Mantleへの最適化
  • PC: 複数のグラフィックパフォーマンスの改善
  • PS4/XB1: Rent-a-serverスクリーンにいてプロファイルをサインオフした場合、Battledashが表示されていなかった問題を修正
  • PS4/XB1: コンクエストラージのクイックマッチとサーバーブラウザーでネーミングが統一されていない問題を修正
  • XB1: フレンドリストからオンラインのフレンドのセッションに時折ジョイン出来なかった問題を修正
  • XB1: デジタルプレミアムエディションを購入してもBattlelogのプレミアムアクセスが行えていなかった問題を修正
  • X360: ゲーム中にサインインの変更を行うと、時折黒色のローディングスクリーンのままになっていた問題を修正
  • X360: スクワッドリーダーが満員のサーバーから切断した場合に、スクワッド内の複数のメンバーがクラッシュしていた問題を修正
  • エイムアシストの減速と自動回転を別々に切り替えできるオプションを追加。サーバーのアドミンはランクドサーバーにおいて自動回転を強制的に無効にすることが可能に
  • 全ての家庭用ゲーム機: パスワードが設定されているレンタルサーバーにジョイン出来なかった問題を修正

えー、全プラットフォームでの改善点は上記のようなものらしい、ん~…

細かな改善ばかりだが戦闘に直接かかわるようなものは今回はなかったような感じかな?見た限りだと…特に気にするようなものもないと思うので次へ。

オーディオ

  • 味方と敵の足音を聞き取りやすさを大幅に改善。あわせてグレネードの爆発音等の大きな音が足音を消していた問題を修正
  • EORの音楽がCTFにて再生されていなかった問題を修正
  • PC: チームデスマッチとスクワッドデスマッチにおいて”テンションミュージック”が全てのチームで正常に再生されるように修正

グラフィック

  • 多数の国旗のドッグタグのシェーディングを更新し、より正確に描写されるように変更
  • 三人称視点の横への素早い動きのアニメーションをより滑らかに変更
  • 着弾時にトレーサーが間違って表示されていた問題を修正

ユーザーインターフェース

  • 選択した迷彩がラウンドの間にデフォルトに変わっていた問題を修正
  • F-35とJ-20の”Ready”の表示を完全に視認できるように修正
  • 同一サーバーのプレイヤーがFLIRやIRNVを使用した際、時折発生していたHUD関連の問題を修正
  • ドッグタグへゲーム内とメニューの両方で統計が表示されるように変更
  • 複数のインジケーターとクロスヘアの改善
  • ヘルスの自然回復中にダメージを受けると、間違ったヘルスが表示されていた問題を修正
  • 複数の武器のHUDロジックを更新し、”オーバーヒート”のメッセージが正確に表示されるように変更
  • ジェットのHUDがより鮮明に見えるように調整
  • スカウトヘリコプターのクロスヘアを改善
  • 全ての家庭用ゲーム機: カスタマイゼーションスクリーンのパラシュートへの間違った引用を削除
  • 乗客がスクワッドメンバーや乗員の詳細が見れるように、デプロイスクリーンの高度な設定を追加
  • ビークル搭乗時のスクワッドメンバーの選択を改善

ビークル

  • 全てのヘリコプターにより身軽なフィジックスを適用。バレルロールやループなどの動きが可能に

武器

  • m412とsw30のアニメーションを更新
  • 単発の空中ミサイルや画像誘導ミサイルが複数の発射音を再生していたバグを修正
  • FACのキャノンの再生音が無限にループしていたバグを修正
  • Kobraのレティクルのグラフィックを調整し、実際のレティクルによりマッチするように長く変更
  • フォアグリップがある武器でスプリントに入る際の小さなアニメーションを削除
  • QBZ95の一人称視点時のグリップの位置を調整
  • RPK74の発射時のボルトサイクルのアニメーションを修正
  • 雪の景色や明るい背景の際のレッドドットがより鮮明になるようにHUDを改善。PS3とXbox 360では外観も改善
  • PS3/PS4: ビークルの乗組員としてスポーンすると、時折武器をセカンダリーから弓に変更できなかった問題の修正
  • X360: ビークルのIRNVが同じ高度にいる歩兵を感知できていなかった問題を修正

 

さぁ、ここら辺が非常に大事だぞ。ビークルのヘリコプターの欄に関してはもう最高に楽しいくらいだ。

JETのHUDの変更はすごく良い改善だ、アップデート施行前の約2倍の表示にされ、速度が非常に見やすくなった。

また、乗り物に乗っている乗員の情報も表示できるようになっている。例えば2番席に誰か乗ってきたとしてその乗ってきたやつの「兵科」と「ランク(階級)」を表示できるようになっている。

この機能はBF4内の「ゲームプレイ」の「アドバンスオプション」にて変更できるので、気になるっていうのであれば表示するようにしよう。

 

あとはいろいろ細かなバグを直してって感じか。マップの衝突判定とか、通り抜け判定とかが微修正もされているそうだ。そういえばなんかまた蘇生バグが復活しているらしいから突撃兵とかで蘇生をするときは気を付けるように。それではまたごきげんよう。

カテゴリー: BF4

ステルス機従軍星章

ついに☆100にナッタゾー!と。

Baidu IME_2015-2-16_20-46-28 ScreenshotWin32-0031

最後は景気よく200%EXPブーストを使用してやった。後悔はしていない。速く達成したかったのだ・・・わかるだろうこの気持ち。

とまぁ、なんというか130にもなったし、☆100にもしたしで、ひと段落だな。

今思えばいろんなことをしてきた、最初は戦車に乗り、途中で戦闘艇にはまり、最終的にはステルス機に落ち着いた。BFっていうシリーズは他と違い乗り物っていう要素がある。これを楽しまずしてなにがBF4か。

歩兵が楽しい時もあるが、やはり乗り物に乗っている時が一番楽しい。

 

独特の雰囲気があるゲームだと思うね、BFHLがいいとか、BF3がいいとか、色々言われるがどれも結局やってれば楽しくなる。住めば都とも言うのかもしれない。

 

ステルス機っていうのはやはり微妙な性能ではあるけど、サポートしやすかったり制空権取れたりとやれること自体は多い。攻撃力自体は高くないが小回りが効くってかんじかな。

他にも戦車が楽しいとか戦闘艇が楽しいとか、いろいろ楽しみ方はある。それぞれが楽しめるプレイをすればいいんじゃないかね?まぁいろいろあるがね。

さてそれではまたごきげんよう。

カテゴリー: BF4

BF4日誌

従軍星章なるものがあるのをご存じだろうか?というか知っているだろう、一定のポイントを獲得することで従軍星章が授与される。一応最大数は100となっているが、最大表示数が100でそれ以降も従軍星章自体はもらえるらしい。

そんなわけで最近BF4のステルス戦闘機の従軍星章が100に近いことを知った。キル数やらなにやらは多くないのだがアシストポイントが多いのだろうか?

普段からコンクエストでも乗っているだけあって、攻撃機の補助を務めることが多い。もっと対地攻撃を充実させたいのだがBF3と違って対地攻撃用の兵装が少ない、ロケットポットとは言わないが今作位ならJDAMくらい欲しいところだ。

 

GBU-31_xxl

JDAMは「Joint Direct Attack Munition」。簡単にいうなれば無誘導爆弾に簡易の誘導装置を取り付け、指定された座標に対して正確に飛翔する爆弾。簡易誘導装置を取り付けるだけのため、威力は取り付けた爆弾に依存する。

 

攻撃機でハイドラロケットが安定とか言われているさなか最終アンロックのJDAMは微妙視されている。単発火力は直撃で50、2発発射可能の「実質無誘導爆弾」。説明文ですら「強力な爆弾」としか書いていないっていう微妙っぷり。

ただアクティブ防護やIRスモークなどのカウンターメジャーを無視してダメージを与えることが出来る。利点としてはこれくらいだろうか?使い勝手も非常に悪いっていうのはなぁ、難点だよなと思う。

 

確かにJDAMは誘導ミサイルと違い「指定座標にまっすぐ飛ぶように誘導する」爆弾なので動く目標に対しては命中させることは難しい。ただBF4は時代的に現在の時間より少し先なのだからSOFLAMで誘導するくらいのことは出来たらいいのになぁ。

 

とまぁ現状のJDAMならばステルス機につけられてもええやん!っていう希望的意見。JDAM自体F-35に搭載できるんだから…それにBF3と違って航空機全般が弱体化を図られているBF4なんだから少しくらいアップデートしてもええやないか。

 

まぁWoTみたいにやたら細かく作られていてもそれはそれで困るわけだが…

 

んん~、まぁ今は従軍星章のおかげでモチベーションは上がっている、しばらくして従軍星章を100にできたらまたモチベーションはどっかに吹っ飛んでいきそうだが。しばらくはBFの日記を書くことも出来そうだし、ブログとしてはおいしい話ではあるな。

カテゴリー: BF4

BF4 新年初交流戦

タイトルの通り、つい先ほど交流戦を行った。新年初となる交流戦はなんとか勝利を収め終了した。まぁ、とりあえず…

うちはWoTのクランじゃないからね!っていうのは言っておきたい。確かに大多数がWoTをやっていたりするが、HADES03自体は「BF4」の小隊だし、WoT内ではHADES03なるクランは作成していない、作るのに金がかかるので作りたくても作れないのだ。まぁ、作る気もないがね。

 

さて、内容に入っていこう。

MAPはZavod311 → 上海 の6vs6ドミネーション。チケット数はサーバーの設定で200チケット、使用禁止武器等は以下の通りだ。

「モーションセンサー系 ビーコン ショットガン M320 XM25各種の使用を禁止
他のメイン武器等の使用制限はありません。(C4/クレイモア/UCAV/対戦車武器 使用可)」

フィードから持ってきたから説明口調になっているのはご愛嬌。サーバーの方はある小隊のところを貸してもらえた、感謝だね。

 

Zavodはまだ交流戦でも野良戦でもドミネーションでは触れていないマップだ、どんな戦いになるかどこに拠点があるのかすら把握していなかった。まぁ実際やってみると普段コンクエストでC/Dがある場所とEの間で戦う感じだ。

開幕からどう動けばいいかわからなかったが、とりあえずは前回の交流戦から学んだことで「最低一人か二人は拠点防衛に配備する」これを重点的におこなった。ミニマップを随時確認し、人手不足ならば「人数(枚数)が欲しい」と声をかけ合っていくように心がけた。そのために分隊は3 on 3の分割にし、行動しやすいようにした。

 

と、初期設定と言える部分だけは試合直前に決めて、ほかは状況に応じて、個人の判断で行うっていう感じ。

そのため初戦はチケット数「自1  -  0相」という見事な接戦を成し遂げた。いやぁきつかった。序盤はMAPに慣れていなかったりテンションが低かったりして押されていたが、最終的にはゴリ押しの気合で勝ち進んだ。いい試合だったな。

 

Zavod自体は慣れているといえば慣れているが、ドミネーションのZavoはわからない…一応見た目はレボリューションの起こったあとのZavoだが、ところどころにコンテナが置いてあったり、身を隠せる場所が増えている。C/D間の地下の通路は移動をスムーズに行えるが、その分接敵率が多い。

その上地上部分は射線や視線が通りにくく、出会い頭の戦闘が多い。突撃兵の独壇場になりやすいので接近は避けるべきだ。また、外周部は広めに確保されており予想外な地点から攻撃をされたりする。

と、さらっと感想を言っていたが試合内容だ。

相手方はすこし固まって動きすぎていたのかもしれない、拠点を確保しているとき2,3人で確保しているのが多かった。また、拠点の空いてる時間も少し多かったきがするし、隙を見て拠点を取ることができた。

 

後半戦も同じように隙を見ては空いている拠点、防衛の薄い拠点へと攻め込み、こちらは最低人数は防衛に割り当て敵の接近を感知しやすくすることで対応力を上げることに成功していたのかもしれない。後半戦も勝つことはできた。

この試合での自分のハイライトは拠点「B」を守っていたときクレイモアを含め相手の分隊3名を一掃したことだった。いやぁ愉快だった。

 

 

2マップ目の上海はこちらが前回の交流戦で研究したマップだ、ここで負けるわけにはいかないのでしっかり戦っていった。

上海自体は前回の記事でも研究内容は発表しているので、そこを参考にしてくれ。大したことは書いていないが参考にできる部分があれば試してみるといいかもしれない。

 

やはりこのマップも接近戦になりがちだ、所々に射線を塞ぐようにコンテナが配置してあり、各拠点には身を隠せるだけの障害物が置いてある。拠点内での戦いは距離が狭いので突撃兵との撃ち合いが多い。だが、拠点「B」がある通りは比較的射線が通りやすく、視界もいい。ここを基点として攻勢出ることも多かった。

また、このマップは「B」に対して迫撃砲で有効に送り込める。攻めを行うときには有効な支援として使えるのでやってみるといいかもしれない。ちなみに迫撃砲はJCGルール等でも禁止されていないので使用することはOKだ。

 

ここら辺からテンションが上がってきていて、通話時の情報量が増えてきた。声が出るようになれば汲み取れる情報は多くなり、敵の位置や接近警報。ルート選択も簡単になる。囲んで叩くのもやりやすくなるし、なにより楽しい。

また、影の効力者として常に後方や全体の補助を行っていた隊員の力がじわりじわりと効いていた。彼自身は普段からBF4をやっていて、今回参加したメンバーの中でもBF慣れしている。流れっていうのを感じ取りやすいのだろう…

気付かぬうちに足りない部分に走り込んでいたり、敵の間をかいくぐっていたりする。通話では喋ってくれないがその分単体の戦力値が高いから全然OKだ。とまあ、限られた情報だったが、うまく試合を運ぶことができた。付いてきてほしいといえば付いてきてくれるし、誰かが○○へ行って欲しいといえば○○へ行ってくれる。

隊員同士の信頼関係も重要だ、任せるということも誰かがどこかに行っていると思うことも、信頼なくしてはできないことだ。もっとも、信頼されているかされていないかは実際のところわからないがね、多分されているんだろう。多分。

 

ん~、雑なまとめになってしまった。ちょっと眠気も抱えてるからかもしれないが申し訳ない。

ちなみに今回の交流戦の内容は、サーバーを貸してくれた人が配信を行っていた。URLは貼っておこう。過去の配信を見るためにはアカウントを作成し、ログインする必要があるので注意して欲しい。

http://gae.cavelis.net/view/30856F8CBE154C528035E0D38966E0DC

それではまた、ごきげんよう。

カテゴリー: BF4, WoT

BF4 交流戦を終えて + WoT

小隊員との貴重な通話時間を与えてくれる楽しいイベントだ、月1度行えればいいほうだが、もっとやりたいのも現状だ。年末にかけて学生や一部の社会人方は冬休みやら長期休暇に入るだろうし、もう1戦くらいはできそうかな~?って感じだ。

 

とりあえず振り返っていこう。ルールはJCGを基本とし、チケットは200、FFは無しだ。FFに関しては「交流戦はあくまで交流なのでそんなに厳密なものにしなくて良いだろう」という双方同意の上なので問題ない。

 

マップは ロッカー → 上海 → ドーン の3種、陣営交換を行い、1マップ2Rになった。ロッカーは接戦が多かった、特に拠点「B」周りの立ち回りは目を回させられてしまった。上にいれば今度は下にいて、いい指揮統制が取れている証拠だったのだろう。

 

小隊員も小隊員で研究なり情報収集なりをしていたらしく、今まで知らなかった有利ポジションを把握していたりして、なんとか勝てたって感じだ。接戦は胸を高鳴らせる、とても緊張したが楽しかった。

 

次は上海、ここからが本領発揮だ、事前にサーバーで研究していただけあって、普段使われない位置にバイポ援護兵配置。拠点確保を優位にすすめることができた。

文字ではうまく表現できないが、相手からは見づらく、こちらからは広く敵を攻撃できるポジションだ。一人配置するだけでも動きやすくなり、拠点回しを効率よくすることができた。

やはりマップ研究は大事なのだな、と実感できた試合だった。普段からこれだけ研究する時間やら何やらがあれば良いのだが、残念ながらサーバーもなければみんな忙しい。共に研究をして情報を共有することが難しいのだ。

 

最後はドーンだ、相手方は連戦で集中力が切れていたのか、少し統制ができてなかったように思えた。まとまった動きがない?ん~、それとはちょっと違う気もしたがそんな感じだ。多分。

適度に兵員をバラけさせながら、防御を固めやすい拠点は数名を集中させて一気に崩す。拠点状況がいいのであれば極力攻め的思考は避け、防衛に力を注ぐ。

よく城攻めは3倍の戦力が必要だとか聞いたことくらいはあるだろう。それが今回活かせたような感じだ。

 

 

さて…総評だが、今回私は全試合を通して指揮を取らせてもらった。という事になっているらしい、指揮をしていたつもりはないが流れでそうなっていたのかもしれない。

メンバーの入れ替えもあまり大きくは行わず、休憩したい人から抜けて予備兵員を投入するといった感じだ、これといった乱れた指揮も起こらず、状況を判断して、兵力を適切に分配できたような気がした。

大抵の試合は防衛思考で行った、拠点を攻めるにしても必ず防衛要因を1人置き、極力全面戦闘は避ける方針で動いてもらってみた。出来ていたかは分からないが、結果として試合運びは良い方向に行っていたのだから多分出来ていたのだろう。

 

なんにせよ、指揮に従ってくれたり、共に戦えてる小隊員に感謝だ。もちろん交流戦をしてくれた相手にも感謝だ、いい経験になる。

 

さて、ここからはWoTのおはなし。BFだけみたいよって人は見なくても大丈夫だ。

本日初めてのコメントが当ブログについた。うん、嬉しい限りだ。

書いている記事が無駄になっていないっていう証拠として取れるし、なにより見てくれているっていうのが嬉しいもんだ。

まぁコメントは招待プログラムに関しての話だったからそれはまぁいいんだが。

 

年末に向けてイベントが大きく加速してきている。というか公式サイトに年末年始の行事が書いてあるので暇ならば見てみると良いかもしれない。

お得目なイベントが多いので、搭乗員の載せ換えや、無期限迷彩の購入はタイミングを逃さぬように要注意だ!100ゴールドでも何ゴールドでも安くなるのであればそれに越したことはない。

 

 

と、イベントに関してはこんな感じ。お得イベントが多いっていうのが押しどころだ。

本日は割と嬉しいことがあった、VK30.01Pの優等マークがついに3になったのだ。戻ってきて乗り直してみると意外に行くもんだなって思った。

単発火力がご機嫌なので、最近の平均ダメージは1000を超えたくらいかな~?ってところ。目分量だし、体感だからあまり信憑性はないが、多分このくらい行っているのだろう。

それに合わせてスキルも振りなおしてみて、戦友をつけてみた。戦友の効果としてはまぁ少しは感じ取れるほど。体感加速が早くなって、集束や精度も少し向上した感じ。微々たる差かもしれないがこれは偉大だ。ホンの少しの差がいざというときの勝敗を分けるのだ。

 

まぁ、フレンドさんが言っていたが、VKPはミニティーガーじゃねえのっていうのは割とあっていると思う。単発火力の高い8.8砲はTier不相応の火力を持っているし、それを5.7秒に1発撃てるのでTigerとさほど変わらない砲の使い勝手だ。

いい車両だと思った。うん、やっぱり戻ってきた甲斐があるって感じだ、やはり高ティアに行って実力をつけてきたあとは見える感じが違う。

この車両ならここにも行ける、この車両ならこの場所でも大丈夫って、見える世界が変わっていくのは本当に新鮮だった。実に楽しいものだ、実力に自信がついてきたなら、過去に自分が載っていた車両に戻ってみるのもいい原点回帰になると思うのでおすすめだ。

 

さて、ちょっと長くなってきしまったしここら辺で終わりにしておこう。それではまた、ごきげんよう。

カテゴリー: BF4

BF4 交流戦に備えよ

本日はWoTもしていたが、相手クランさんが自鯖を使わない日だったようなので、鯖をお借りしてマップ研究を行っていた。

隊員を誘うわけにもいかないので、MP-APSとクレイモアを使って位置を確認しながら、視界的に有利な場所、撃ちにくい場所を探しまくってみた。

 

ロッカーは探し回っていたが前回の交流戦以降、目新しい発見はできなかった。

せいぜいグリッチと呼ばれる開発の隙を付いたバグのようなものを発見した程度だろうか?多分私程度が知っているのであれば他の人には知れ渡っているのだろう。

岩の裏側に入れる場所があったのであそこにビーコンを置いておいたらそうそうバレないのではないだろうか。まぁ今回のルールでは使用禁止に含まれているので使えないのだが。

 

上海は研究していない部分が多かったため、少し時間がかかったがまぁなんとかといったところ。

開幕の移動先や分担、そこらへんを決めることができそうだ、有利ポジも少しは把握できたし、前回よりはましな動きができそうだ。

 

Downは開幕の移動先、拠点の優先順位とかを決められた、自分のやることが明確にできたのでそこらへんは良かっただろう。

 

なんというか、研究をしてみるとちょっとは分かるところがあるので楽しいと思えた、今日の交流戦も楽しみだ。

短いパートになってしまったがここで終わりにしよう、それではまたごきげんよう。

カテゴリー: BF4

BF4 クレイジークレイモア

本日はWoTをやって、BFをやっての日だった。

副隊長が鯖に入っているのを見かけたから便乗して入ったのだが、ぬるめのサーバーで楽しかった。うん。自分の好きなプレイをして好きなだけ稼げるっていうのは非常に心地の良いものだ。

ZavodのC・D間の地下通路、あれは非常に美味しいポイントだ。なんといっても薄暗くて狭いもんだからよく引っかかるの何の。

Zavoだけで20キルくらいできたと思う。ガジェットだから最多キル武器に表示されんのだ、悲しい悲しい…

クレイモアということで最近は援護兵に精を出している。もっぱらLMGをブッパするだけだからAIMも何もない私にとって非常に心強いものだ。最近の流行りはM240B、フレンドさんもいい武器だって言うもんだから使ってみているが。

まぁなかなかしっくりくる、MG4をメインで使っていたのだが、MG4の反動を抑え、少し連射力を落とした感じ。MG4と違い少し真っ直ぐ飛ぶので頭に合わせれば意外に取れる事が多い。

素直なMG4?って感じ、扱いやすいもんだからどんどんアンロックが進んでいった、頑張ればまだMG4のキル数に追いつけるかもしれない。

http://battlelog.battlefield.com/bf4/ja/battlereport/show/1/545541138143089408/787231673/

ちなみにこれが今回の最大戦績だ、M240Bで49キル、M67フラグで1キル、残りの20キルは全てクレイモアだ。1つのクレイモアでトリプルキルを達成したときは、まだコイツの可能性を感じた。

キルアシストの大半もクレイモアの二次災害によるものだ。意外に爆風も広いので閉所のC下では相当な被害が出る。階段下や柱の影に置けば高確率でHITする。

使い方次第では足止めにもなるし、影の薄いガジェットだが有用性は広い。是非とも使ってみてくれ~。

 

BFの記事になるといかんせん短くなるな、何書かねば。

そうだそうだ、今週の土曜日に仲の良いクラン殿と合同演習を行うことになった。ドミネーションになるので歩兵戦となる。楽しみではあるが、ルールがJCGなのでクレイモアが使えない…

まぁ多分事前の話し合いで一部ルールの改変が入るはずなのでそれに期待しよう。

 

我々も最近WoTやら何やらでたるんで来ているはずなので金曜日、一応本日の夜あたりに小隊を引き連れてドミネーションにでも行こうと思う。

少しは慣れておかねばなるまい。全力でかからねば相手にも失礼というものだ。

まぁ…多分ドミネーションじゃなくてコンクエストに流れてしまいそうだが、楽しくやれればそれはそれでいいのだろう。そういう小隊だしね、民主主義万歳。

 

さて、書く事もなくなり苦しくなってきたのでそろそろ終わりにしよう、それではまたごきげんよう。