クレジット稼ぎ ver2

前回の記事から半年以上経過してるし、いろんな車輌にも乗ったことだしそろそろ更新しとかなきゃね。とりあえず箇条書き。

  • 課金バンドル
  • 課金戦車
  • 低・中Tier戦車
  • プレミアムアカウント

こいつらが多分前回の記事で書いたクレジットの稼ぎ方、最近はもうちょっと増えてきてることだしね。

やはり最近の流行はTier8課金MT軍団、最近実装される課金戦車の多くは、マッチング優遇がないかわりにそれなりの車輌性能を付与されているものが多く、勝率と引き換えに格上Tierに対するクレジット・経験値ボーナスを多く得られるという感じになっている。確かに稼ぐには実力とか地形把握が必要になる場面は多くあるが、基本を学ぶ上でもこれらの車輌って言うのは適している。

ない部分をどう補っていくかが大事ってことだ。

場合にもよるけど大体800 ~ 900の基礎経験値をとれば5万クレジットくらいは堅いんじゃないかな、T-54modは車体が非常に堅めなんだけど、砲性能がいまいちなのであんまりお勧めはしない。Panther8.8はいろいろいい点があるってのは過去の記事で書いてるからそちらを参照だ。

AMACDCは装甲がぺらっぺらだけども機動力と俯角の点に優れる。機動力や俯角があるってことは、より多くの攻撃機会を産出できるって事なんだけど、いかんせん防御力で劣るもんだから使いこなすには慣れが必要だね。STA-2もまた同じような車輌だが、機動力を若干落とした変わりにそれなりに厚めの防盾を獲得している。

どの車輌も一長一短ではあるが、クレジットを稼ぐという意味と、各国の高ティア戦車乗員育成用としても活躍することができる。

Tier8MT軍団の良い所は最初にも書いたとおり、ある程度性能を満たしておきながら「クレジットボーナス」と「搭乗員経験値ボーナス」があるということが大事だ。兎にも角にもそこが大事で、その他のところについては目を瞑るしかない。課金戦車に性能を求め過ぎるといろいろ足りない部分が多くて困るんだ。よく勘違いしている人がいるけど、課金戦車にのって勝てない~とかいろいろあるが、君自体は課金戦車に何を求めているのかしらないが、そも課金戦車とはクレジットを稼ぐためとか、乗員を育成するためにあるものでそこまで過剰な性能を付与されているわけではないのだ。

さて、じゃあ課金することはしたくないけど、クレジットはほしい!って言う人は拠点戦ってモードを使うといい。ただこのモードはクランに入らない限りは行うことが難しいので、そこは忘れないように。

拠点戦ではTier6/8/10のTierごとに分かれて戦うことになるが、全体的なクレジット収支が良い。基本は拠点戦の中で指揮官とかが支持を出してくれるから、それに従っていればとりあえずは大丈夫なはず。それなりに早く回せて、1回20kとか30kもらえるから時間対効率?的には多分WoTの中でも一番高いんだと思う。

今の流行りはTier8課金MTで、次が拠点戦。そしてその次に来るのが前回紹介した通りで、基本はTier8課金戦車系とかバンドルとか。低・中ティアの戦車に関してはちょっと思考を変えてTier6で稼ぐことをおすすめするね。T-34-85やVKP/M/Dといった車両ももちろん、最近追加されたファイアフライくんとか、Cromwellといった中戦車はTier6に強いのがかたまっており、使い勝手の良い物やそれなりに強いものも多い。

またTier6中戦車は拠点戦でもピックされやすく、需要が高いのは確かだ。搭乗員の育成や戦車の動かし方とかいろいろな面でメリットが有る。一応だがWoTの中でも人口層が厚い(人気が高い)のもTier6って話を聞いたな。いろんないざこざも少ないこのティアはプレイする上でも楽な所も多いしおすすめだ。

まぁなんにせよ効率よくクレジットを稼ぎたいのであれば。うまく生き残って戦うことで、より多くのダメージとか観測を産出することができれば基本的にはどの車両に乗っていようがクレジットは貯まるはずだ。貯まり方の度合いが違うだけで結局は時間をかければいくらでも貯められるから安心するんだ。

噂のKOIKE解散の件 / 年末CWについて

いやはやまさかあそこまで拡大解釈されるとは思わなかった、先日書いた記事があるだろ?あれをWoTのCWについて語る某掲示板にて拡大解釈?をされて、もはやKOIKE自体が内部崩壊を起こしてクランの金庫からゴールドを持ち逃げした輩が出たとか、派閥が力を強めて完全に分離したとか、そういった話がいくらか見受けられた。

まず結論から言うとKOIKEはまだ健在で、ゴールド持ち逃げ案件とか、派閥の肥大化などは進んでいない。前回の記事の書き方が悪かったな。申し訳ない。まぁなんだ、あれほどまでに変な捉え方されるとは…

まぁいい、ネット上に発言をする側の身として配慮が欠けていたんだな、まだまだ私もダメダメだってことだ。

正確にKOIKEの内情を書くと、CWE直前に一部大物プレイヤーが一気に加入してきたこともあり、元いたKOIKEメンツと新しく入ってきたメンツの間に、どこまで信頼していいのかとか、いろいろあったんだ。新しく入ってきたメンバーっていうのは、どこまで触れて良いのか、どこまで信頼してよいのかとか、いろいろわからないじゃん?まぁそれで互いに様子見してたって感じ。

で、VC環境をRCからTSに変えたこともあって、このチームバトル勢はチームバトル勢でまとまった部屋に待機しやすく、大物は大物、KOIKEメンツはKOIKEメンツと、TS3のサーバーを見れば一見これはクランとしてではなく幾つかの派閥が一つのサーバーに点在している形にも見て取れたわけだ。

が、これだとそのまんま派閥が別れてしまって、あらら大変クラン解散の危機ですねとなるわけであるが、実際はそうではない。チームバトル勢も大物も、KOIKEメンツも「拠点戦」というKOIKEのクランモットーの参加率は非常に高い。人のTierによる好みはあるが、拠点戦に対する意識っていうのは皆高い状態が続いている。

そういった意味ではKOIKEは拠点戦をやるクランとして恵まれているという感じ。

もちろん今まで通りにやってきた拠点戦とは少し違う雰囲気になってたり、チームバトル勢の仲間意識っていうのとかはある。いや勝手に感じているだけかもしれないがね。

というわけでだ、まだまだKOIKEも活動を続けているし、年末に予定されているCWも参加する予定だ、もちろんそれに向けて兵力の補充・拡充も予定している。Tier6 ~ 10で、車両が欲しいし、CWを体験したい!って言う人はKOIKEに来てみると良いかもしれないぞ。是非参考までに、だ。

それではまた。

配信ページ

CWEが始まったあたりから人集めとか、KOIKEの宣伝も兼ねて配信をするようになった。いや元からしてはいたんだが最近サボりぎみだったんだ。何分ランダム戦がつまらなくてな…が、ここ1週間位は暇があったら配信するように心がけている。基本的には休日の12時 ~ 19時頃までと、平日なら20時 ~ 21 or 22時くらい、拠点戦をやる予定がなければもう少しできるが、やはり拠点戦はやりたい。

[http://gae.cavelis.net/live/kirisima19]

これが配信ページのURLだ、

上に書いた時間に見に来てくれたりすれば、もしかしたら配信してたりするからたまに見に来てくれ。コメントもしてくれたらもちろん返事はするし、モチベーションも上がる。

が、配信をしているときはどうも調子が良くない、コメントに返事をしながらだとかだとなおさらッて感じで・・・いや、小隊組んでやってる時とかは別に問題ないんだけど、そこにいない誰かに話しかけながらやるとどうしても注意力が散漫になってしまう。まぁそれはいいか。

配信に関しては基本的にゲーム画面をそのまま配信している、たまに裏で音楽をかけていたりするが、特になにか配信に映る人を考慮しながらとかはない。なんでもWG曰くは「別にIGN(名前)が映る分には構わないけど、配信中に名指しで批判・罵倒するともしかしたら罰則かけるよ」ってことらしい、なので私は名前を映す。面倒だからね。

まぁ配信してたらアカウント停止くらいました~なんて割と洒落にならんから、出来る限りはそういったことには意識している。もちろん小隊を組んでいる時もそれは一緒だ。

まぁ、それでも口に出てしまう時はあるからそこは勘弁してッて感じだが…

とまぁ最近は配信もしてるから、配信中に乗って欲しい車両とか、この車両は普段どんなふうに乗ってんの~とか気になったらコメントしていってくれ、出来る限りリクエストには答えていくつもりだ。

AMX 50 B

名前的にはかのAMX50120の改良型、といった印象を受ける。

shot_851 shot_850

いやまぁ50120も悪くは無かったんだけど、乗れば誰でも分かる発展途上車輌って感じでとにかく使い勝手が悪かった。単発400の4発オートローダーで、その火力は50Bと同じであったが、マガジンの交換速度ではなく次弾の装填時間が長い。「3.33秒」はオートローダーとしては遅く、弾倉を吐ききるのに12秒以上も掛かってしまう。これはなかなか致命的で、ここぞというときにいらぬ被弾をしてしまうこともしばしばだった。

また、仰角・俯角がコレでもかといわんばかりに取れず、仰角5度の俯角5度、こんなんじゃ階段を下ってるときに足元も登り先も見えやせんよ。乗ってるときもこれは使いづらさに直結してて、自動照準中でも自分の移動ルートの段差には極力気をつけなければならかった。

とはいえやはり弾倉ダメージ1600はなかなかのもので、自分に合った地形とか、落ち着いて撃てる場面があればその弾倉を吐ききるのも問題なし、といった感じだった。

さて50B君はどうなのって、50120を改良して使い勝手の向上を図りまくった結果こいつは強いってなった車輌?かね。仰俯角が大幅に改良されて、通常の車輌並みに取れるようになったのは非常に良い。いろんな車輌に乗って仰角や俯角を気にするっていう場面は少ないけど、実際ないと困るのが良くわかった。

次弾装填までの時間も改良され、2.5秒くらいだったかな、並みのオートローダーレベルに纏まったおかげで弾倉ダメージを全部吐ける機会が多くなった、これによってダメージを出しやすくなった感じ。機動力も改善されてたっけな、エンジン馬力の上昇で頻繁な陣地転換にも対応できる加速力を得て、初期の移動や膠着した際の移動でも難なくこなせるようになった。

とまぁ50120からダメなところを改善しまくった結果、並みの車輌以上に強くなってしまったっていうのがこの車輌。実際まだ100戦乗ったわけではないけどしっかり使いこなせればダメージディーラー間違いなしって感じがする。CWとかでも頻繁に使われる車輌って聞いてるし、これから先育成するのが楽しみだ。

CWE 最終日 終了

いや~お疲れ様でしたっと。前回の記事でも書いたとおり大体2週間くらいだったかな、迷惑やらなんやらいろいろ掛けまくったが無事完了だ。

最初はIS-3での戦闘が多かったが、後半は50100に多く乗せてもらった、貴重な機会だ。攻撃的な運用をしたりすることも多いがやはり何処のマップでもダメージソースとして運用されることが多い。その点ダメージ取れなかったときの責任感っていうのは大きかったけどね。でも楽しかった。

反省点も多い、チーム戦慣れっていうのはやはりチムバ勢に比べれば低いし、マップの地形やオブジェクトの配置とかも良く覚えていないって言うのも露呈してきた。やっぱりもっとチーム戦に関与すべきか否か、悩みどころではあるがまぁもっと時間に余裕が出来てから考えるかね。練習しなきゃなとか思ってるけど結局は面倒だからやらない~とか、そういってるから中途半端なんだろうなぁと。

さて、今後はどうしようかね。なんだっけか、今年の末あたりにまたCWイベントが来るらしいし、それまでにはもうちょっといろいろ考えてみようかね、もっとアクティブに、いろんなこと考えながらだね。T23E3はそのうち記事にでもあげよう、いつもらえるか分からんし、もらえてんのかもわからない。

しばらくはゆっくり拠点しながらだね。

CWE

いやぁ忙しいね、どこのクランもこんな感じなのかは分からない。うちより忙しいところはいくつもあるだろうし、車輌を諦めてゴールドをちょっとでも稼ごうとしているところもあるだろう。

今回のCWEはレア車輌であるT~・・・なんだっけ?あのパーシングもどき見たいなの、あれがもらえる。先日Buffも掛けられたことだし今回で手に入れることが出来ればそれなりに優秀なTier7優遇車輌として使うことが出来るだろうね。FCMに関しては完全にVが付く国がランキング制覇してるからどこも狙ってるはずがない。いやいるかもしれないけど。

この2週間くらいのCWEも実に濃い内容で、いろいろ学ぶことがあった。腕の立つ指揮官のものの考え方やMap・車輌の生かし方、50100の理想的な運用方法、練りに練りこまれたMapTacは非常に見やすいし、説明も丁寧で聞いててとても心地がいい。

が、CWが始まってからはやはり思うことは多い、新しく入ってくれた人は確かに強いメンバーも多いが、同時に身内意識が高すぎてクラン内に派閥が生まれてしまっているも確かだ。チームバトル勢やトーナメント勢、そして前からいる拠点勢、これら3派閥がクランに影響を与えてる。

人が増えるとこういうことがおきやすくなるのは何処の世界も同じなのかねぇ、ほら、日本のクランもいくつか派閥争いで潰れていったって話も聞くし、うちのクランも遅かれ早かれそういったことも起こる。そうなった場合はクランマスターの力量と、各個人がどうしたいのかでクランの存続が決まる、って勝手に思ってる。

まぁ、少なくともCWが終わるまでは持つはずだし、大丈夫だろう。そういえば私は車輌はもらえる圏内にいるはずだし~、あとは他のクランメンバーにポイント分けて上げられればいいかな。

最近は特に面白いことも無くてね、記事の書くペースも落ちてきてる。悪いけどしばらくは我慢してくれ。

最近乗った車輌たち

100戦するとか、そういうのではなく単純に目指すべき車輌の通り道になった車輌っていうのは記事にしていなかった。今回はそこにフォーカスを当ててみよう。

shot_845

たとえばちょっと前のイベントでもらえた「FV201(A45)」とかいう車輌、プレミアム車輌に設定されている。クレジットボーナスが付いてるかは不明だが、マッチング優遇はない。Wikiとかにも書いてある通りイギリスTier8中戦車のセンチュリオンをTier7重戦車にしたような車輌で、同格のBlackPrinceと比べると装甲を落としてDPM/機動力を向上させたような車輌。

耐久は1500と潤沢だが単発火力と装甲厚の兼ね合いが微妙で、劣化Tiger1といわれればそれまでかもしれない。しいて言うなら砲塔が若干堅かったかな?どうだったかな?まぁ真面目に比較するとDPMは若干劣るがそれでも高め、最高速は劣るが地形対応力は砲塔の堅さも相まって増加している。砲塔や履帯の旋回速度が増加している点を考えてもTigerよりイファイター向けの車輌?か?いや分からん。なんにせよ中途半端だが、使い勝手をいうなれば「しっとり」だ。

shot_847

Tier8MTのT69やPershingも最近買った車輌だ、T69は悪くはない、といった感じだが90mm砲4発、弾倉ダメージが900くらいだったかな?やっぱり使ってみるとインパクトが少ない、再装填に掛かる時間が短いのは結構なのだが同格のオートローダーが1000を超える弾倉ダメージを持つ車輌ばっかりでなかなか日の目を浴びることが少ないって感じかな、機動力や装甲厚、全体的な使い勝手自体は結構いいんでオートローダーとしての練習車輌としては少し初心者にやさしめかもしれないね。

shot_848

Pershingは有名だな、特に課金弾の交換通力は目を見張るものがある。DPM自体はさほど高くないというか低めなのだが、アメリカ特有の地形他応力や視界の広さ、移動中の砲拡散などのマスクデータで恵まれた性能を見せる。エンジン馬力は上昇してはいないが機動力自体高水準で確保されているので基本はしっかり抑えられている。最初に書いたとおり課金弾の性能がぴかいちなので格上に対する効力は同格中戦車の中で最も高い。謎の生存製の高さも売りだな。

shot_849

AMX 13 75は1390を作るための通り道にするつもりだったんだけどなかなか面倒で全然乗ってない。主砲は12tから据え置きだったかな、再装填に掛かる時間とかが若干向上してたりするが同格のTier7LTと比べると見劣りしがちだ、隠蔽は高いし機動力の向上はありがたい、ただ軽戦車としてみれば水準は満たしていたりする。はず。

shot_780

T71はなんだろ、オートローダーとしてはまぁまぁで、軽戦車としてもまぁまぁ、アメリカ版の1375って考えると似てるかもしれない。ただ使い勝手はこっちのほうが良かったかなってのはなんかある。

Tier7LTの2両はオートローダーであるけど、若干火力に難がある車輌?な気はする。いやTier7で見れば高いんだが1375は12tから据え置きで、T71に関しては弾倉ダメージが若干高いがそれでも致命打になりにくいのは確かだ。ダメージリソースとしてみれば低いが、軽戦車の面がまだ強いこの2両には偵察と攻撃のバランスを見極めるのが大事なのかもしれないね。