カテゴリー: WoT

ガレージの稼ぎ頭

最近ランダム戦をやらなくなってきたが、なんだかんだ言ってランダム戦も楽しいな、刻一刻と変わる戦況に個人で立ち向かうのはなかなか辛いものがあるが、それでもやはり楽しいもんは楽しい。ランダム戦をやる意味っていうのは搭乗員の育成とか、クレジット稼ぎっていうのに適していたりもする。

ただクレジット稼ぎっていう意味では最近見方が変わってきていて、拠点戦がなんだかんだ言って一番稼ぎが良かったりする。Tier6だと20%クレジットブースト付きでだいたい1試合あたり10k ~ 30kってところで、それが短いと2 ~ 5分で回せる。平均値でとって1時間を安直に計算してみると400kになる。いや単純にねマッチング時間とか考えずに時間とクレジットの平均値をかけただけだ。

ちなみにこれは私の平均であって、実際はCromwell BなどのTier6プレミアムタンクを使えばもっと収入は良くなるはずだ、だいたいこれの1.5倍くらいだから600kか、結構美味しいね。

ちなみにTier8の方はというとこれまた結構なもんで、IS-5を使用した場合にで書かせてもらうが1試合あたり50k ~ 80kくらいだ。試合時間は少し伸びるがそれでもランダム戦よりは断然早い。ばらつきはあるが3  ~ 8分ってところだろうかね、個人差はもちろんある。

1試合あたりのダメージとか、車両数とかが少ない拠点戦は実はランダム戦よりクレジットや経験値の優遇がついている、ように見える。

まぁ実態はわからないがね、でもクレジットボーナスとかがついていないとしたらどうやって毎試合50kとか80kとかのクレジット稼ぐんだろうね~。現状は拠点戦が一番クレジット稼ぎに向いているのは間違いないだろう。そこは認めよう。

ただランダム戦しかできないような人もいるだろう、ソロでWoTをやる時間が多い人とか、人数が少なめなクランに入っている人とか、事情は様々だ。

参考にだが、うちのガレージの稼ぎ頭としてはやはり「Panther mit 8.8L/71」が優秀だな、人にもよるがTier7ソ連課金戦車の「IS-2」なんかもいいだろう、ちなみにこのIS-2は期間限定販売だったからもう買えないぞ。

あとは今熱いのといえば日本Tier6重戦車「Heavy Tank No.Ⅵ」(日虎)だな、Tier6として考えればTigerは十分硬いし、単発220で比較的高レート発射の主砲は、拠点戦で使うにしろランダム戦で使うにしろ強力だ。使いこなすにはドイツの虎と同様それなりの慣れを必要とするが、そこはドイツ車両、慣れれば強いの一点張りって感じ。

あとは先のCWCで手に入れている人限定だが、IS-5のクレジット収支は目を見張るものがある。もしかしたらこの先こういったCWC限定車両の再販何かがされることがあったら、買ってみるといいかもしれないな。

一押しはPanther8.8、これは絶対揺るがない。

カテゴリー: WoT

T-54 100戦終了

う~む、強いんだけどなんか合わないっていうか、私はどちらかというとE50派みたいだね。T-54の100戦目完了のお知らせだ、強いけど合わないって書いたけどまさにそんな感じ。強いのはわかるんだけど私は別な車両の方が好きだな~って感じだった。

乗ってみた感想としては素晴らしい車両であるのはわかる、車両自体の性能は走・攻・守が高水準でまとまっており、何をするにしても特に不自由のない車両だ。これといった明確な弱点もなく、機動力も同ティア帯から見たら十分高機動の部類で、白兵戦から中遠距離での戦いでも困ったことはなかった。

特にプロホロフカみたいなマップではコイツの厄介さがにじみ出る感じがしたね、基本に忠実にじわりじわりと詰めていくことで敵を追い詰められる。至近距離での戦闘か中遠距離の膠着が多いこのマップは膠着状態では視界と隠蔽を活かす戦いをし、至近距離では高い白兵戦能力を活用できる良い機会だ。

shot_727shot_728

平均与ダメは2427、WRは67%となった、なんというかThe・中戦車みたいな車両だったなぁ~、バランスよくまとまった性能に、強力な貫通力を持つ主砲。軽戦車に引けを取らない隠蔽率も加わってなお中戦車らしい戦車。Tier9の中でも屈指の強さと言われる訳がわかった。

ただこのブログでも語ったように、バランスよくまとまっている車両っていうのは使う人間によっては良い方向にも悪い方向にも傾きやすいもので、使いこなせる人間からすればT-62Aより強いなんていう言葉も出てるらしい。それぐらいのポテンシャルを秘めている車両だっていうのは分かって欲しい。

使いこなせない人っていうのは多分中戦車としての運用がまだまだなのか、T-54の使い方を間違ったのか、単に腕が足りないのか、まぁそれは使ってる本人しかわからないことだろう。

じゃあお前はどうなのって、いやまぁ使いこなせてないことはないかもしれないが、いうほど使いこなしてるぜぇって感じはない、数をこなせばきっと使いこなせるのだろうが、多分途中で飽きて別な車両に乗ってしまうな。

真面目に書くとE50とは似ているけど似ていない戦車って感じ。E50は戦闘力だけで見ると非常に高スペックでTier9にあるまじき強さを持つ、高水準にまとまった防御力と砲性能、それを最高速60kmでいたるところに運べる。隠蔽率を除いた全ての性能で同格MTの殆どを置き去りにできそうなくらいだ。

逆にT-54はスペックだけ見るとTier9としては並クラスなのだが、隠蔽率や白兵戦での戦闘力はスペック以上の性能を引き出している。T-54がE50より強いと言われるのはT-54は必要十分な装甲厚や機動力を持ちながら、なおも隠蔽率や砲に恵まれていることが原因だろうな、カタログスペック以上の強さがあるのに、カタログスペック以外の強みも多く持ってる。それがT-54なのだろう。

T-54とE50。Tier9の二強MTは甲乙付け難い乗り心地で、好みによって別々な車両に乗れば良いのではないだろうか?恐らく片方の車両が使えればもう片方も使いこなすまではいかないが、乗ることはできるだろう。まぁ多分T-54の弱点を上げるとしたら、金弾がHEATっていうかAPの貫通力が少し低めでそこが難点だ、あとは俯角が少し取れないが、直接的な性能に関わるレベルではないな。拡張パーツは好みにもよるんだろうが「ラマー・スタビライザー・換気扇orレンズ皮膜」で安定だろう

カテゴリー: WoT

育成中~

指揮官育成には力が入る、私が楽になる、そう思うだけで十分努力をする意味がある。先行投資ってやつだな。

現状は別にVCでしゃべる必要もないようだし、他人の指揮を受けながら黙って指示に従っているだけで勝てるとか夢のような拠点戦じゃない?クッソ楽だわこれ。

今日はメモに1戦1戦感じたことを書いていって、悪いところは悪い、良いところは良いと書いていくかんじ。一応指揮官に対してだけ拠点が終わったらファイルを送って、反省なりしてもらうといいかもしれない。

最近拠点の記事ばっか書いているっていうのはちょっと見る側からしたらちょっと味気ないし、拠点やってない人からすればなんのことやらさっぱりや~んって感じだが、少し我慢してくれ。拠点やりたかったら家のクランにでも来てくれれば、毎日21時~23時ちょいくらいまでやってるから来るといいぞ。ただ拠点をやるクランってこと条約というかなんというか規則が一つできたから気をつけて欲しい。クランに入隊してからクランページを見てくればわかる。

ちょっと時間ないしまた別の機会にいろいろ書こうかね、内容も薄まっては魅力のある記事は書けないしね。

カテゴリー: WoT

個々の兵士の力量差

この前の指揮官同士で話した時にも出てきたが、兵士同士の力量差っていうのも指揮をする上で大事なんだなぁと。

確かに言われてみれば私から見ればIS-3はそれほど硬い相手ではないが別な人からすれば硬い相手かもしれない、個人技量の差っていうのはどこに行っても付き纏うもんだが、普段から意識しているかって言われたら意識してないわなぁ…

指揮をする上では兵士もまた人間で、自分の思考回路と力量っていうのはある。

そういえばどっかの記事でも書いてたがやはり個人練度っていうのも大事なんだよなぁって、集団戦って聞くとチーム戦でチーム力が試されるといえば聞こえはいいが、実際のところは個人が集まった個人の集団で、個々の力が高ければもちろんチーム力も高くなる。WN8の善し悪しではなく考え方の善し悪しになるんじゃないかなぁって。

指揮をされる、ってだけでなく個人個人が考えを持ちながらも指揮に従うっていう?

例えば5両と5両で撃ちあった時に、前線指揮官からのフォーカス指示のみに従った5両と、指揮官の指示に従いながら5両全てが状況を考えている5両、勝つのは恐らく後者だろう。

再装填の間のわずかな時間でも100m以内の状況であるならば把握できる、100mなんて言うけどカメラの引きを最大にした時に近くにいるな~っていう奴らくらいは把握してもらいたい、ランダム戦でも意識しながら戦えばきっと上達するはずだ。

ざっくり言うとWoTっていうゲームはあくまでもゲームではあるが、実際勝った方が楽しいんだか勝つ努力くらいはしような?っていう感じね、自分のためにもなるし、指揮官からも信頼できる兵士として扱われる。これから意識して見るといい。

カテゴリー: WoT

志願者

ついに来たわけだ、いいことだ。育成コースとしてはまずはTier6からだな、他のクランでいくら指揮経験があるといえどうちの雰囲気と他のクランの雰囲気では違うところもあるだろう。まずはTier6で兵士がどんな戦い方を好むのかを学びながら、自分の考えをまとめられていけばいい。

指揮をする上で一番大事になるのはなにか~って言われたらいろいろあるけど、やはり状況判断をするにしたってなんにしたって情報がいるわけだ、情報を取るには誰かが敵を発見しなきゃならないってのはもちろんだが、WoTのGUIの中に一番情報が詰まっているところがあるだろう。それはミニマップになるわけだ。

ミニマップがあればいくら敵の距離が離れていようと発見さえされていればどこにいるかは把握できる、このミニマップから得られる情報を元に、状況に合わせた部隊の動かし方をしていくわけ。

拠点戦では特に大事になる、CWなどは前々からマップがわかっていたり、戦闘する時間が決まっていたりするために作戦を事前に練っておくことができるが、拠点戦では敵とマッチングしたら待機時間の30秒で作戦を考えないといけない。30秒で考えられる作戦なんていうのは実際対したものではなく、相手がうまくツボにはまってくれない限りは圧勝とはいかないことがおおい。

ミニマップを見ながら敵の状況と位置を確認して、適切な位置に味方を送り込むことができればそれは一番いいことだろう、それで負けたとしても指揮官の責任として処理するには惜しいもんだ。

指揮官って聞くと責任が問われるかもしれないが、始めたてなんて誰だって負けまくるし間違った車両配置をする。Tier6で流れを掴んでくれればあとはその指揮官の頭の働き次第でいくらでも伸び幅はあるだろう。今回自己申告してくれた人には大いに期待している、私が楽になるって意味でもね。彼自身も良い経験を積むことができるし一石二鳥だろう。

カテゴリー: WoT

指揮官と兵士の認識の違い

先日同クランの指揮官とあれやこれやお話する機会があったので色々話してたんだ、なるほどなぁって感じだった。指揮をした者同士、継続している者同士の考えっていうのはやはり共感を持てるところは多い。

まぁ私はそれなりに信頼できる指揮官に成り上がったらしいからそれはそれでまぁ嬉しいことだし、信じてもらえるならその期待に応えるのが礼儀ってもんだろう。

指揮官っていうのは本来ならば戦場全体の指揮をするもので、マクロな指示っていうのは実は指揮官ではなく前線指揮官が行うものだっていう、こんな基礎的なことすっかり忘れていたな。最近の指揮は指揮官が前線指揮まで行うことが多かった、これはひとえに全員の声が出ていなかったり、指揮官不足が原因なんじゃないかな~って。

確かに言われてみれば指揮をしているのは限られた人間だけで、左手の指の数だけでも十分数え切れるほどだ、前線指揮官を任せられる人もそれなりにはいるが、やはりまだ経験不足というか練度不足を感じる。

うちの意識としてはこんな感じで

Baidu IME_2015-7-27_19-7-24

本来であれば指揮官が各前線指揮官に対して指示を出し、前線指揮官がそれを元に兵士を動かす、全体指揮官が兵士個人に対して指揮をすることもあるが、基本的には初動のみか車両構成の中にひとつだけ浮いている車両とかに対してだ。作戦を立案し、それを各担当に伝えるのが指揮官って感じ。

じゃあ中間管理職の前線指揮官はなにやるのって、指定位置までの移動指示、戦闘になった場合の優先撃破目標の指定、後退の指示とかマクロ的な指示になる。重戦車隊の指揮は比較的簡単だが軽戦車は頻繁に陣地転換をする分指揮の難度が少し高い。

この構成を保つべきなのだが最近この真ん中にある前線指揮官すら不足してきている状況だ、とても辛い。そのせいで昨日の拠点線はさんざんだったしね、拠点防衛はうまくいったんだがなぁ…

最近は拠点戦が楽しいし、指揮をする分にも別に構わんのだが、やはり新しい人材の育成にも力を入れなければならないだろうな。このままではいざという時に何もできない部隊が出来上がってしまうしね。

カテゴリー: WoT

拠点防衛戦

WoTの拠点戦が出来るクランの多くは、拠点施設のレベルを上げまくってリザーブの効果を高めるっていうのをほとんどしている。拠点施設の「司令部」のレベルが6(ⅵ)以上の場合、自拠点に対して別のクランが攻撃してくる場合がある。

その場合は拠点の防衛を行わないと行けない、拠点の防衛が行われなかった場合は自拠点に貯蓄されていた全ての資源が略奪される。5000の物資を貯めていたら5000全て持ってかれるってことだ。

そうなると普段やってた拠点戦の努力が全てパーというか、そうなるのはちょっと残念だろう?

また、普段から入念に準備をしているクランは拠点防衛戦にもリザーブを使用することが可能だ、それが「砲兵射撃」と「空爆」の二つだ、画像を見てもらえばわかるとおり、間接的な支援攻撃を受けることができる。具体的な数値は画像内の奴だが、実感的には範囲内の敵に対して300 ~ 1500以上のダメージって感じだ。

Baidu IME_2015-7-26_21-40-55 Baidu IME_2015-7-26_21-41-8

戦闘中に一人だけがこのリザーブを装備出来て戦闘中に各1回のみ使用できる、リザーブの使用は装備者自らが指定して行い、指定の箇所に対して砲撃もしくは空爆を行う形だ。ちなみに装備者が戦闘不能になるとこのリザーブはその試合では使用できなくなる。

この砲兵射撃が結構クセになるダメージで楽しいもんだ、空爆は汎用性に長けてはいるが弾着までの時間と広範囲に攻撃するという意味で若干の使いにくさを感じた、砲兵隊は3秒で着弾し、範囲が狭い。着弾までの秒数が少ない分使い勝手がいい気はする。

今回のCWでは砲兵射撃と空爆の使用が許可されているので、練習したいところだ。

ちなみにいま開催されているスチールハントでは砲兵射撃と空爆が無料で使用できるので、練習したい人はスチールハントで練習するといい。